スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)

 蓮舫行政刷新担当相(42)の30代の男性公設秘書が、路上で女性(18)の体を触った疑いがあるとして、警視庁池袋署から任意で事情聴取されていたことが15日、同署への取材で分かった。女性が被害届を出さなかったため、注意して帰宅させたという。
 同署によると、男性秘書は2日午前2時5分ごろ、豊島区池袋の路上で、帰宅途中の飲食店従業員の女性(18)を自転車で追い抜く際、スカートをめくり、尻を触ったとされる。
 女性が巡回中の第2自動車警ら隊員に被害を訴え出たため、同署が付近にいた男性秘書から事情を聴いた。
 男性秘書は酒に酔った様子だったという。
 蓮舫行政刷新相は15日の閣議後記者会見で「秘書からは退職の申し出があったので速やかに受理した。女性として、娘を育てる母として、今回の件はあってはならないことで、大変申し訳ないと思っている」と話した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕タレント、議員そして大臣へ 蓮舫氏
関空への補給金凍結を解除=伊丹との統合など条件に
廃止判定、非常に残念=原発PR事業の仕分けで
「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート
「天下り」「事業独占」にメス=公益法人、20日から仕分け

国連大使に西田氏起用へ=安保理改革の経験重視(時事通信)
フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
はやぶさ カプセルの写真を公開(産経新聞)
<みんなの党>元経産省課長補佐の上野氏擁立 参院選比例(毎日新聞)
家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)

民主役員会で改選組「国会延長せず参院選を」(読売新聞)

 民主党は8日午前、党本部で、菅新首相の代表就任後初の役員会を開き、17日に全国幹事長・選挙対策担当会議を開き、参院選対策の協議を行うことを決めた。

 菅代表は冒頭のあいさつで「私も参院選の選対本部長として、先頭に立って走り抜きたい」と意気込みを語った。

 役員会では、今回の参院選で改選となる小川敏夫国民運動委員長が「(国会の)会期はできるだけ延長しないで、参院選に突入してほしい」と要望した。

<鳩山首相>辞任に伴う記者会見開かず(毎日新聞)
閣僚人事は小幅と菅氏示唆=樽床氏「衆院定数を80削減」―民主代表選(時事通信)
<動物愛護管理条例>野良猫に無責任な餌やりを規制 伊万里市(毎日新聞)
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス(産経新聞)
菅代表就任なら消費増税に踏み込みも 参院マニフェスト(産経新聞)

鳩山首相が辞意 議員総会で伝える(J-CASTニュース)

 2010年6月2日朝、鳩山由紀夫首相が辞意を表明した。2日10時から開かれた民主党の両院議員総会で明らかにした。小沢一郎・民主党幹事長にも幹事長職を辞職するよう求めたことも明かした。

 鳩山首相は09年9月に就任した。旧自公政権を09年8月の選挙で破り、民主党が政権交代を実現した末の就任で、当初は高い内閣支持率を誇った。しかし、10年4、5月には20%を割る調査結果が続出するまでに落ち込んでいた。沖縄の米軍普天間基地移設問題などを巡り発言を二転三転させ、10年5月末には連立を組む社民党が政権を離脱する事態に発展していた。参院選を目前に控え、党の参院議員らから退陣論が急速に広がっていた。鳩山首相は、6月1日に小沢幹事長らと進退を巡り協議したが結論が出ず、2日に持ち越していた。


■関連記事
鳩山首相「2枚舌」作戦失敗 「辺野古」巡り「発表日」大混乱 : 2010/05/28
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン : 2010/05/24
米紙に「哀れで頭おかしい」  ここまで言われる鳩山首相 : 2010/04/15
「ポスト鳩山」で名前があがる「あの人この人 エッ!そんな人も」 : 2010/06/01
鳩山首相の「髪型支持率」は63% 特に30代女性から人気 : 2009/10/19

赤松農相の不信任案、与党の反対多数で否決(読売新聞)
前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)
「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣(読売新聞)
<老齢加算廃止>2審も「合憲」判断 東京高裁(毎日新聞)
「動くな」部下に二十数回銃口…道警警部補(読売新聞)

三原じゅん子「しんちゃまファン」告白(スポーツ報知)

 参院選に自民党の比例代表で出馬する、女優の三原じゅん子(45)が19日、浅草・雷門前で初めての街頭演説を行った。降りしきる雨の中、あわやヌレヌレとなる嵐のデビュー。対面した小泉進次郎衆院議員(29)に対しては“片思い”の可能性が浮上した。

 白いスカートスーツでマイクを握った三原は、謝罪からスタートした。「ごめんなさい。私が雨女なんです。私がここに着いた途端、まぁーこのような雨になりまして」。その後も雨は強まるばかりだったが、堂に入った口調で「私はがんのサバイバーです。子宮頸(けい)がんをご存じですか」と、自身の体験談を交えて5分間、支持を訴えた。

 この日は党女性局の催し。通行人が「三原じゅん子だ」と足を止め、「じゅん子ちゃん頑張れ!」の声も飛んだ。ただし、主役はやっぱり進次郎氏。登場するなり「キャー!」と女性が群がった。「今にも雷が落ちてもおかしくない天気に、私が来たのが雷門」と、ご当地トークでつかみもOKだ。

 実は、三原は進次郎氏のファンという。演説後「しんちゃまファンなので、個人的にうれしかったです」と、ポッ。名刺交換したと言い「想像通りでステキ。オーラもあるし。この時期に自民党から(出馬するのは)勇気あるねと言われた」と明かした。

 しかし進次郎氏は、報道陣から三原とのツーショットを求められると、なぜか手を振ってやんわり拒否。三原の演説の前に車で走り去った。三原の気持ちは一方通行なのか。今後が注目される。

 【関連記事】
三原じゅん子、19日に初の街頭演説
三原じゅん子、女優引退宣言 谷亮子を挑発「二足のわらじは無理」
あべ静江も参院選!自民比例で擁立へ…小池氏が後見役
三原じゅん子、再々婚へ…舞台監督の末永氏と真剣交際

大卒就職率悪化、過去2番目=下げ幅最大、91.8%に―文科省(時事通信)
融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布―警視庁(時事通信)
<訃報>石橋博良さん63歳=ウェザーニューズ会長(毎日新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)

雑記帳 「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)

 JR亀有駅(東京都葛飾区)周辺の商店街に点在する人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の登場人物たちの銅像11体を紹介する散策マップを商店街関係者が完成させ無料で配布している。

 地域の活性化のため商店街などが設置を進めてきた銅像群だが、4月には主人公の両さん(両津勘吉)像の持つマラカスが酔った男にへし折られる事件が発生。関係者による夜間パトロールまで実施された。

 両さんのほか「麗子像」や「本田像」など、11体を巡る所要時間は約30分。漫画では両さんの破天荒な行動が人気となっているものの「観光と散策はルールを守って楽しく」が地元の願い。【山田奈緒】

【関連ニュース】
両さん像損壊:容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署
こち亀:23歳男が自首 両さんの銅像破壊
両さん銅像:亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て
こち亀:両さんの銅像壊される 東京・葛飾
雑記帳:こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有

<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
子ども29年連続の減…過去最少1694万人(読売新聞)
G7財務相が電話会談へ=ギリシャ問題で協議−菅財務相が示唆(時事通信)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
バイク放火容疑で男再逮捕=連続不審火との関連捜査−千葉県警(時事通信)

高速料金 首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」(毎日新聞)

 6月から導入する予定の高速道路の新たな上限料金制度を巡り22日、閣内の混乱が露呈した。政府・民主党が21日に新制度見直しを決定したことを受け、鳩山由紀夫首相は22日朝、記者団に「無料化の方向と矛盾しない形の中で(政府と民主党)双方が理解できる形で決着したい」と述べ見直しに意欲を示したが、その後、官邸を訪れた前原誠司国土交通相は、首相から「新制度を見直さない」ことについて了解を得たと記者団に明言した。米軍普天間飛行場の移設問題に続き、高速料金を巡っても政府・与党が迷走し始めた。

【上限料金制って?】高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

 前原氏は首相を訪ねた後、国交省内で記者団に対し、「公表した料金割引案は現時点では見直さない」と述べ、制度案の見直しを求める党側の意向には従わない姿勢を示した。前原氏は、鳩山首相と平野博文官房長官の双方から、料金を見直さないことについて「了解を得た」と語った。

 しかし、鳩山首相はこの日朝、値上げ幅の圧縮を目指す考えを示唆したばかり。21日の政府・民主党首脳会議で、同党の小沢一郎幹事長から新制度と衆院選マニフェストで掲げた高速道路無料化が矛盾する、と指摘されたのを受けたものだ。首相は22日朝、「国民の声を大事にされる党から見直した方がいいという話をいただいた。このままでは(国会の国土交通)委員会でもなかなか通らない」と述べ、「(党から)政府が引き取って見直すという発想になった」と説明していた。

 一方、平野官房長官は22日午前の記者会見で「一部修正はありうるかも分からないが、『はい分かりました、見直します』と、そんなバカなことはない」と述べ、新制度の見直しには慎重な姿勢を示すなど、首相との食い違いをみせていた。【寺田剛、青木純、横田愛】

【関連ニュース】
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
<高速道新料金>エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
<記者の目>高速道路「上限2000円」の新料金
<小沢氏の指摘で>高速料金:政府、上限制度見直しを検討へ
<党首討論の鳩山首相>普天間移設で混迷ぶり露呈

職業能力センターの廃止も=地方移管できない場合−枝野行政刷新相(時事通信)
4歳男児、12階ベランダから転落死(読売新聞)
堀内・巨人前監督が出馬表明「政界に剛速球」(読売新聞)
赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)
かば焼き縁遠く…シラスウナギ漁獲量激減(読売新聞)

小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)

 ■「お決まり手法」議員参列わずか

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市の水沢体育館で、両親の故小沢佐重喜元衆院議員、みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。参列者は元側近の達増拓也岩手県知事や後援会幹部、系列県議ら約2500人にのぼった。今年は小沢氏の両親の年忌法要の時期とは異なっており、時期はずれの大法要は7月の参院選に向けて、後援会をはじめ県内の各種団体・組織の「引き締めの儀式」(幹部)と受け止められている。

 「最後の総仕上げのつもりで、残りの人生を頑張ってまいりたい。もうしばらく皆さんのお力添えを賜りたい」

 大きな両親の遺影が掲げられた水沢体育館。黒い礼服姿が目立つ地元自治体の首長や後援会幹部らに対し、小沢氏は数珠を手に謝辞を述べ、一度だけ目頭を押さえるしぐさをみせた。

 小沢氏はこの時期に法要を開催した理由について「仏さんには勘弁してもらい、政権を取ってから(供養を)と思ってきた」と説明したが、単なる法要と受け止める向きはごくわずかだ。

 小沢氏の元側近の一人は「案内を出さなくても誰が来ようとするかを見て、忠誠心をはかろうとしたのではないか。田中(角栄元首相)・竹下(登元首相)時代からのお決まりの手法だ」と解説する。

 ただ法要は事前に大きく報じられたため、国会議員での参列は夏の参院選で改選を迎える工藤堅太郎、主浜了両参院議員ら県選出議員のほか、東祥三衆院議員(東京15区)のみにとどまった。「案内がなくても行くしかない」と話していた若手も参列を見送った。

 小沢氏をめぐっては、資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、党幹事長辞任を求める党内外の声が収まる気配がない。

 検察審査会が近く、東京地検が2月に小沢氏を不起訴処分とした是非についての判断を下すとの観測も伝えられ、「起訴相当」の判断が出れば小沢氏への不満が一気に爆発する可能性もある。

 小沢氏は最近、メールマガジンで、党員・サポーター登録の呼びかけを配信した。このことも党内で憶測を呼んでいる。内閣支持率が低下しても「世論調査は当たったことがない」とうそぶく小沢氏だが、「偲ぶ会」やメールマガジンの反響を通じて、「彼なりに有権者の反応を探ろうとしているのだろう」(中堅)と受け止められている。

欧州便4日ぶり運航、ミラノ行き成田を離陸(読売新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(4)(産経新聞)
愛知殺傷、弟2人に事件前「殺して火付ける」(読売新聞)
<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作−相模鉄道(時事通信)

<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)

 第44回蛇笏(だこつ)賞(角川文化振興財団主催)が19日、眞鍋呉夫さん(90)の句集「月魄(つきしろ)」(邑書林)に決まった。副賞100万円。贈呈式は6月18日、東京・丸の内の東京会館で開かれる。

【関連ニュース】
訃報:大野新さん82歳=詩人、「家」でH氏賞
訃報:大野新さん 82歳=詩人
企画展:「ジョゼフ・コーネル×高橋睦郎」 箱宇宙の芸術に詩ささげ /千葉
資料・現代の詩2010:日本現代詩人会が出版 創立60周年を記念し

<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む 伊豆・大島(産経新聞)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁(産経新聞)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)

陸幕で結核集団感染 10人感染、84人陽性反応(産経新聞)

 防衛省陸上幕僚監部は9日午前、陸上自衛隊東部方面隊管内の駐屯地で計10人の隊員が結核に感染していると発表した。いずれも昨年、陸自武山駐屯地(神奈川県)で実施された教育課程に参加していた。他の隊員84人も血液検査で陽性反応が出ており、集団感染の疑いが高い。

 陸幕広報室によると、昨年9月から、板妻駐屯地(静岡県)や高田駐屯地(新潟県)などで、19−25歳の隊員6人が結核に感染していることが判明した。6人は昨年4−6月、武山駐屯地での教育課程に参加しており、他の参加隊員ら約840人に健康診断を実施した結果、新たに4人の患者が判明し、84人から陽性反応が出たという。

 防衛省は9日、全自衛隊員に対し、せきや微熱が続く場合には速やかに診断を受けるなど、適切に対処するよう通知した。

【関連記事】
私立中高一貫校で35人が結核に集団感染 複数の医療機関が見逃す
ダル結核感染危機…公式カメラマン隔離入院
徳島の病院で結核集団感染 患者や看護師ら15人
大阪市で結核集団感染 4人発病、うち1人が死亡
特養ホームで14人結核感染 岩手

「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
情報公開制度見直しへ=検討チーム新設、6月に結論−枝野行政刷新相(時事通信)
「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置−警視庁(時事通信)
国会公務員法改正案が実質審議入り(産経新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)

「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)

 内閣府はこのほど、「高齢者の地域におけるライフスタイルに関する調査」の結果を発表した。それによると、誰にも看取られずに死後発見される「孤独死」を身近に感じている高齢者は、全体の42.9%だった。

 世帯別では、単身世帯の64.7%が孤独死を身近に感じていた。都市別では、最も低い町村の36.4%と比べて大都市が46.7%と10ポイント以上高かった。また、健康状態が良くないと18.8%が回答。このうち52.0%が孤独死を身近に感じていた。

 健康状態が良くない人の24.7%が、何らかの手助けやサービスを受けている一方、12.2%が必要と感じるものの手助けやサービスを受けていなかった。健康状態が良くない人が受けている手助けやサービスは、「通院や送迎や外出の手助け」が17.7%で最も多く、以下は「話相手や相談相手」(14.6%)、「食事作りや掃除、洗濯の手伝い」(14.5%)、「ちょっとした買い物やゴミ出し」(14.0%)の順だった。

 また、地域の困っている高齢者の家庭に対して、手助けをしたいと考えている人は80.3%に上ったが、実際に何らかの手助けをしている人は29.0%にとどまった。

 調査は高齢者と地域社会のかかわりの現状を把握することを目的に、昨年10月29日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3484人から有効回答を得た。


【関連記事】
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議
「異状死の原因究明を」−与党議連が設立総会
「孤立死」対策、大筋で了承
孤立死ゼロと「監視社会」

「産みたいけれど、教育費不安…」幼稚園でもこんなにかかる(産経新聞)
写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)
<リコール>日産、セフィーロなど5車種計2万5024台(毎日新聞)
<平沼赳夫氏>4月中にも新党発足 保守の「第3極」目指す(毎日新聞)
<不審火>留守の家に侵入 現金盗み放火か 名古屋・北区(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
ショッピング枠現金化
審査 甘い キャッシング
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    カナ (08/28)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    ケイコとまなぶ (06/12)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    がんもどき (05/21)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    ソルバルウ (01/04)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    サキューン (12/30)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    リョータ (12/25)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    まろまゆ (12/21)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    モグモグ (12/16)
  • 蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)
    ちょーたん (12/11)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM